今更聞けない、格安航空券LCC

格安航空券を買うならLCCがいいと聞きますが、LCCってなんだろう。

Low Cost Careerの訳で日本語に訳すと低コスト会社という意味になります。

低コストとはいったい何を削減しているのか不安に思いませんか?「もしかしてぼろぼろの飛行機を飛ばせているのではないのか・・」なんて思う人もいるでしょう。

さすがに何万人もの命を預かっているので、飛行機の不調は絶対にありえません。ではどういったカラクリでコストを抑えているのかまとめてみました。

1.機内の違い
まず目につくのは機内の違いです。

機内においてある家具はすべて中古品。
他の飛行機で使っていたものを再利用するため、すべて同じ家具で統一されているわけではなく皆バラバラです。他には、機内のオーディオは基本ありません。

2.必要なものだけにお金を払う
一般的に私たちが使う飛行機は(ANAやJALを想像して下さい)飛行機に乗ると毛布が借りられるし、長距離移動だと食事サービス、荷物を預けるのだって無料で提供されます。

つまり一般的な航空券には目的地までの移動費にプラスしてサービス料も含まれているのです。

しかしLCCでは、そういったサービスはすべて有料です。

自分が必要なサービスだけにお金を払うということです。普段の飛行機利用で預け荷物がもともと少ない人や機内食を食べない人にとって大変ありがたいサービスともいえます。

他にも、座席のリクエストや予約時に電話で予約をすると手数料が発生します。

もしも、すべてのサービスを受けると普通に航空券を買った場合と値段が変わらなくなります。

お金をかけずに目的地まで運ぶことを徹底的に見直すことでコストを下げ、格安航空券として私たちは利用できるのです。

3.他の航空会社との違い

飛行機は1機だけでも数億円もします。飛行機の搭乗人数を増やすことで航空会社は儲かります。

しかしLCCは料金を安くしている分搭乗数を増やさなければ儲けがありません。
そこで、とにかく常に飛行機が飛んでいる状態にしてスケジュールををつくるのです。

発着の間の時間を短くする工夫として機内のシートを革張りのシートを使用しているのは掃除がしやすいためです。

他にも機内で荷物を積む時間を減らすために登場の前から持ち込み荷物の量を通常よりも厳しく制限しています。

こうして常意に飛行機は上空を飛んでお金を生み出しているしくみになっているのです。

いまさらきけないLCCについて少しは勉強になったでしょうか。LCCは危険だから安いと言う人もいるでしょうが、それは間違いです。

余分な無駄を省いて少しでもコストを下げることによって、私たちに安く提供できているのです。