05PHAJ10

アジア圏内なら費飛行機で2~3時間で移動できるのにどうして、躊躇するのでしょうか。

やはり1番の理由は料金ではないだろうか。通常料金でもヨーロッパやアメリカに比べて移動距離が短い分、海外格安航空券は安く変えますがもっと安く買えないかのか?

と思っている人もいるでしょう。今回はどうやったら少しでも安く格安航空券を手に入れられるかまとめました。

1.購入日を考える

格安航空券は年中いつ購入しても安く手に入るわけではありません。「それじゃあ早いほうがいいの?」と考える人もいます。

半分正解ですが、答えは国際線では8週間前がもっともお得という結果が出ています国内線では2ヶ月前ですが、国際線の場合は海外の航空会社との調整で早すぎる予約に対応できない場合がよくあるのです。

そのため国際線の予約には8週間前というのを頭に入れておきましょう!
国内線でも国外線でもくれぐれも前日当日は正規料金で格安とはほぼ遠くなりますから注意して下さい。

2.旅行時期を考える

どこに行っても「繁忙期」「閑散期」というものはあります。場所によっては時期が変わってきます。

例を挙げてみますと、アラブ首長国連邦のドバイに関して言えば1月~2月は閑散期になり通常日本からの往復航空券が12万前後ですが閑散期になると往復6万円前後で行けるです。

なんと通常の半額になります。

しかし閑散期ということは台風や雨、冬の季節だったりと、気候に関係することが多くいつもよりも開いているお店が少なくなることもあるので注意が必要となります。

3.パックツアーに参加してみる

もしも海外航空券とホテルを別々に予約する予定の人は、パックツアーで申し込んでみてはいかがでしょうか。

パック(パックを予約するなら格安海外チケットサイト)とは海外航空券+ホテル+観光がおなじになったプランです。

「観光がセットだオプショナルツアーに参加したりとより料金が高くならないのか?」という心配もありますが、ほとんどの旅行会社では観光が出来る日は自由行動になっている場合があります。

それにただ券と泊まる所がセットになっているだけで知らない人と一緒に行動というわけではありませんので、自分で予約するのと何も変わりありません。

セットで予約することによって、別々に予約するよりもホテルも航空券もよりお得に予約することが出来ます。

賢く買うには色々な方法があります。色々なサイトを見比べたりして、お得に購入できるとなんだか楽しくなり旅行の準備もはかどります。

少しでもお得に航空券を手に入れて他のところで贅沢を味わうのもいい考えですね。