格安航空券を買うならLCCがいいと聞きますが、LCCってなんだろう。

Low Cost Careerの訳で日本語に訳すと低コスト会社という意味になります。

低コストとはいったい何を削減しているのか不安に思いませんか?「もしかしてぼろぼろの飛行機を飛ばせているのではないのか・・」なんて思う人もいるでしょう。

さすがに何万人もの命を預かっているので、飛行機の不調は絶対にありえません。ではどういったカラクリでコストを抑えているのかまとめてみました。

1.機内の違い
まず目につくのは機内の違いです。

機内においてある家具はすべて中古品。
他の飛行機で使っていたものを再利用するため、すべて同じ家具で統一されているわけではなく皆バラバラです。他には、機内のオーディオは基本ありません。

2.必要なものだけにお金を払う
一般的に私たちが使う飛行機は(ANAやJALを想像して下さい)飛行機に乗ると毛布が借りられるし、長距離移動だと食事サービス、荷物を預けるのだって無料で提供されます。

つまり一般的な航空券には目的地までの移動費にプラスしてサービス料も含まれているのです。

しかしLCCでは、そういったサービスはすべて有料です。

自分が必要なサービスだけにお金を払うということです。普段の飛行機利用で預け荷物がもともと少ない人や機内食を食べない人にとって大変ありがたいサービスともいえます。

他にも、座席のリクエストや予約時に電話で予約をすると手数料が発生します。

もしも、すべてのサービスを受けると普通に航空券を買った場合と値段が変わらなくなります。

お金をかけずに目的地まで運ぶことを徹底的に見直すことでコストを下げ、格安航空券として私たちは利用できるのです。

3.他の航空会社との違い

飛行機は1機だけでも数億円もします。飛行機の搭乗人数を増やすことで航空会社は儲かります。

しかしLCCは料金を安くしている分搭乗数を増やさなければ儲けがありません。
そこで、とにかく常に飛行機が飛んでいる状態にしてスケジュールををつくるのです。

発着の間の時間を短くする工夫として機内のシートを革張りのシートを使用しているのは掃除がしやすいためです。

他にも機内で荷物を積む時間を減らすために登場の前から持ち込み荷物の量を通常よりも厳しく制限しています。

こうして常意に飛行機は上空を飛んでお金を生み出しているしくみになっているのです。

いまさらきけないLCCについて少しは勉強になったでしょうか。LCCは危険だから安いと言う人もいるでしょうが、それは間違いです。

余分な無駄を省いて少しでもコストを下げることによって、私たちに安く提供できているのです。

いざ海外格安航空券でたのしみになりながら出発までワクワクどきどきしていると思いますが気をつけなければいけない点が何点かあります。

前もって知っておくことで、急なハプニングにも柔軟に対応できます。

1.日程を変えれない

ほとんどの場合日程を変えれないとうことを頭に入れておいてください。
前もって予定を組んで格安航空券をせっかく入手できても、ギリギリになって急な仕事が入ってしまう場合もあるかもしれません。

しかし安く買った航空券は払い戻しの選択はないので、日程を変えるときは、一旦キャンセルにして新しく航空券を買う必要がありあます。(料金は返ってきません)

このように日程が確定している格安航空券のことをフィックスチケットと言い、また反対に所定の手数料を払えば日程を変えられるチケットをオープンチケット、またはフィックス/オープンチケットと言います。

日取りを変えるチケットは先の予定がまだわからない場合とても便利ですが、フィックスチケットに比べて金額は上がります。

2.マイルがなかなか貯まらない
最近は航空会社以外でもpointでを貯めることができるなど身近にマイルを貯めることが出来ます。

しかし格安航空券はマイル数が極めて低く、いつも海外に行っている人でも毎回格安航空券を使っている人はなかなか貯まらないかもしれません。

相場では走行距離の50%でずが、航空券によっては0%とという場合もあります。

その分航空券の価格が安いので特典を必要としない人にとっては問題ないかもしれません。

3.出発、到着時間を確認する
どうして格安航空券が正規料金よりも安くなるのか考えると通常より劣る“何か”があると思った方がいいです。

多くは発着時間や出発時間に影響してくる場合が多いです。

日本出発は時間着くのが深夜だったり、出るのが早朝だったりするとその分ホテル滞在時間が短いのにホテル代を払うことになったり空港からホテルまでの移動手段がタクシーしかなく深夜料金や早朝料金もプラスになりすごく高くなってしまう場合もあります。

海外格安航空券を買う場合には、日本出発時間よりも現地到着時間と現地出発時間をきちんと確認は必要かと。

格安航空券は安く手に入り気軽に行ける機会が増える一方で、海外という知らない土地で自分が危険に合わないためにも十分に注意をしなければいけません。

“何も知らない”では済まされないような事件や事故、ハプニングに巻き込まれないためにも出発前にきちんと確認しておきたいですね。

海外格安航空券を使えばいろいろな国にお得に行けちゃいますよね。

どこかに行きたいけどまだ悩んでいる人もいると思います。

今回は海外格安航空券を使ってお得な旅を紹介したいと思います。是非参考にしてみてください。

1.韓国
まずは何といっても定番の韓国はいかがでしょうか。

日本からも2~3時間で行け、日本語を話してくれる店員もいますので海外旅行初心者でも一安心です。

食べ物は日本人好みだし買い物する場所もたくさんあります。
「韓国 格安航空券」と検索すると多くのサイトがヒットします。直行便でも1万円台からあります。

日にちによっては売り切れの場合もありますが、何日か候補を挙げておくといいです。

季節によって変動はありますが、韓国でしたらハイシーズンでも最高でも5万円でいけます。
航空券をなるべく安く手に入れられると、現地で思い切り買い物などできるのでいいですね。

2.アメリカ
休暇を長めにもらえるようでしたらアメリカはどうでしょうか。

1番安い時期は1月、2月あとはGW明けです。
基本的に日本の休日に合わせて航空券も高くなりますので、休み明けか1月2月のオフシーズンが航空券を安く買えるチャンスです。

しかしアメリカの冬は厳しく、日本で雪になれていない人はせっかく遊びに行っても耐えられないかもしれません。

格安航空券を買うときの注意点は航空券ばかりの値段を見て安いと思っても、燃油サーチャージを含むとそれほど安く買えない場合もあります。

逆に航空券はそこまで安くなくても、その時の燃油サーチャージが安くて全体的に見ると安くなる場合もあります。

3.トルコ
日本からだと長時間移動になるトルコですが、トルコは観光地がたくさんあります。

もちろんイスタンブールだけでもいいのですが、せっかく長時間かけてトルコまで行くのであれば国内線を使ってトルコ内を移動することをお勧めします。

国内線であれが格安航空券でイスタンブールとカッパドキア間を5千円程度で移動することが出来ます。

トルコも冬はオフシーズンで大変寒い時期になります。
そのため航空券もハイシーズンに比べてよりお得に購入することが出来ます。

寒い季節になりますが、それでも見どころはたくさんあるし、冬しか楽しめない景色もあるのでプラスに考えてよりお得に海外格安航空券を使いたいですね。

通常料金だとなかなか手の届きにくい海外旅行ですが、海外格安航空券をうまく使うことによって今まで行きたくても行くことのできなかった国にどんどんトライしていってみたいですね。

私は昔から海外に興味あり1度海外旅行を経験してからは、その魅力にどんどんはまりました。
しかし正直言うとお金に余裕があるわけではないので行きたいと思っていても頻繁に行くことはできません。
初めて海外に行ったときは大学生の頃でした。昔からハリーポッターが好きで初めて海外に行く時はイギリスにしようと決めていました。いざ旅行の計画をしてる時にどうしたら安く航空券が手に入るか何度も調べました。そして海外格安航空券があるというを知りました。

通常の値段ではとてもじゃないけど学生の私は払えませんでしたが、海外格安航空券だとオフシーズンの時には7万円ほどでした。少しでも航空券の値段を抑え、現地でたくさん遊びたいと思い格安航空券を無事買うことができました。

それからの海外旅行は絶対に格安航空券で行くようにしています。以前、5か国周遊したのですがすべて海外格安航空券でいきました。
まずは日本からドバイまでの格安航空券を買いました。さすがなんでも世界一になりたい国です。近代都市が日本とは比べものにはならないです。突如砂漠にできた近代都市というセリフが本当なんだと思うほど、大都市を少し抜けるとすぐに砂漠が出てきます。

そしてドバイの次は飛行機で数時間で行けるエジプト行きの格安航空券を買いました。エジプトには2日間滞在し有名なピラミッドやスフィンクスを見に行きました。そのあとはヨルダンです。どうしても死海とペトラ遺跡を見てみたかったのでドバイに旅行に行くならと思い行くことにしました。死海では体が浮くとは聞いていましたが想像以上でとても驚きました。私は泳げないのですが、泳げなくても安心です。

定番の浮きながら新聞を読むことにも成功しました。ヨルダンの後はスリランカです。中東めぐりでしたが、ふとスリランカに行って見たくなり決めました。インドに近いがまったく違う文化です。有名なアーユルヴェーダというスパを受けたりしてとても優雅な時間をすごしました。

そして最後はトルコに飛びました。トルコは本当に観光地が多いです。モスクもたくさんあり、しかもほぼ歩いていける距離にあるので現地の景色を楽しみながらその土地を歩けるのが醍醐味です。イスタンブールからカッパドキアにも国内線に乗り行ったのですがカッパドキアも最高でした。気球に乗って大空からみるカッパドキアの景色は今でも忘れられません。

そしてドバイに戻り、日本に帰りました。格安航空券を駆使すると本当に色々な国を楽しめます。私がおススメするのは中東近隣やアジアなど国が密集している国を選ぶことです。そういった場所は格安航空券が手に入りやすく上手く利用すれば何ヵ国も回れます。なぜ私がドバイを選択したのかと言いますと、ドバイはハブ空港としてさまざまな格安航空機(LCC)が飛んでいるので、安く航空券が手に入りやすいのです。
実際に私が使ったのもフライドバイでした。格安航空機に対してマイナスなイメージの人もいますが私はそうは思いません。

いかに効率よく利用するかで結果は変わってきます。

蛇足ですが、フライドバイを利用した時になぜかわかりませんがビジネスクラスにアップグレードしてもらえました。
LCCではお金を支払わないと食べられない食事も無料で食べられとってもいい旅でした。