05PHAJ10

アジア圏内なら費飛行機で2~3時間で移動できるのにどうして、躊躇するのでしょうか。

やはり1番の理由は料金ではないだろうか。通常料金でもヨーロッパやアメリカに比べて移動距離が短い分、海外格安航空券は安く変えますがもっと安く買えないかのか?

と思っている人もいるでしょう。今回はどうやったら少しでも安く格安航空券を手に入れられるかまとめました。

1.購入日を考える

格安航空券は年中いつ購入しても安く手に入るわけではありません。「それじゃあ早いほうがいいの?」と考える人もいます。

半分正解ですが、答えは国際線では8週間前がもっともお得という結果が出ています国内線では2ヶ月前ですが、国際線の場合は海外の航空会社との調整で早すぎる予約に対応できない場合がよくあるのです。

そのため国際線の予約には8週間前というのを頭に入れておきましょう!
国内線でも国外線でもくれぐれも前日当日は正規料金で格安とはほぼ遠くなりますから注意して下さい。

2.旅行時期を考える

どこに行っても「繁忙期」「閑散期」というものはあります。場所によっては時期が変わってきます。

例を挙げてみますと、アラブ首長国連邦のドバイに関して言えば1月~2月は閑散期になり通常日本からの往復航空券が12万前後ですが閑散期になると往復6万円前後で行けるです。

なんと通常の半額になります。

しかし閑散期ということは台風や雨、冬の季節だったりと、気候に関係することが多くいつもよりも開いているお店が少なくなることもあるので注意が必要となります。

3.パックツアーに参加してみる

もしも海外航空券とホテルを別々に予約する予定の人は、パックツアーで申し込んでみてはいかがでしょうか。

パック(パックを予約するなら格安海外チケットサイト)とは海外航空券+ホテル+観光がおなじになったプランです。

「観光がセットだオプショナルツアーに参加したりとより料金が高くならないのか?」という心配もありますが、ほとんどの旅行会社では観光が出来る日は自由行動になっている場合があります。

それにただ券と泊まる所がセットになっているだけで知らない人と一緒に行動というわけではありませんので、自分で予約するのと何も変わりありません。

セットで予約することによって、別々に予約するよりもホテルも航空券もよりお得に予約することが出来ます。

賢く買うには色々な方法があります。色々なサイトを見比べたりして、お得に購入できるとなんだか楽しくなり旅行の準備もはかどります。

少しでもお得に航空券を手に入れて他のところで贅沢を味わうのもいい考えですね。

格安航空券を買うならLCCがいいと聞きますが、LCCってなんだろう。

Low Cost Careerの訳で日本語に訳すと低コスト会社という意味になります。

低コストとはいったい何を削減しているのか不安に思いませんか?「もしかしてぼろぼろの飛行機を飛ばせているのではないのか・・」なんて思う人もいるでしょう。

さすがに何万人もの命を預かっているので、飛行機の不調は絶対にありえません。ではどういったカラクリでコストを抑えているのかまとめてみました。

1.機内の違い
まず目につくのは機内の違いです。

機内においてある家具はすべて中古品。
他の飛行機で使っていたものを再利用するため、すべて同じ家具で統一されているわけではなく皆バラバラです。他には、機内のオーディオは基本ありません。

2.必要なものだけにお金を払う
一般的に私たちが使う飛行機は(ANAやJALを想像して下さい)飛行機に乗ると毛布が借りられるし、長距離移動だと食事サービス、荷物を預けるのだって無料で提供されます。

つまり一般的な航空券には目的地までの移動費にプラスしてサービス料も含まれているのです。

しかしLCCでは、そういったサービスはすべて有料です。

自分が必要なサービスだけにお金を払うということです。普段の飛行機利用で預け荷物がもともと少ない人や機内食を食べない人にとって大変ありがたいサービスともいえます。

他にも、座席のリクエストや予約時に電話で予約をすると手数料が発生します。

もしも、すべてのサービスを受けると普通に航空券を買った場合と値段が変わらなくなります。

お金をかけずに目的地まで運ぶことを徹底的に見直すことでコストを下げ、格安航空券として私たちは利用できるのです。

3.他の航空会社との違い

飛行機は1機だけでも数億円もします。飛行機の搭乗人数を増やすことで航空会社は儲かります。

しかしLCCは料金を安くしている分搭乗数を増やさなければ儲けがありません。
そこで、とにかく常に飛行機が飛んでいる状態にしてスケジュールををつくるのです。

発着の間の時間を短くする工夫として機内のシートを革張りのシートを使用しているのは掃除がしやすいためです。

他にも機内で荷物を積む時間を減らすために登場の前から持ち込み荷物の量を通常よりも厳しく制限しています。

こうして常意に飛行機は上空を飛んでお金を生み出しているしくみになっているのです。

いまさらきけないLCCについて少しは勉強になったでしょうか。LCCは危険だから安いと言う人もいるでしょうが、それは間違いです。

余分な無駄を省いて少しでもコストを下げることによって、私たちに安く提供できているのです。

いざ海外格安航空券でたのしみになりながら出発までワクワクどきどきしていると思いますが気をつけなければいけない点が何点かあります。

前もって知っておくことで、急なハプニングにも柔軟に対応できます。

1.日程を変えれない

ほとんどの場合日程を変えれないとうことを頭に入れておいてください。
前もって予定を組んで格安航空券をせっかく入手できても、ギリギリになって急な仕事が入ってしまう場合もあるかもしれません。

しかし安く買った航空券は払い戻しの選択はないので、日程を変えるときは、一旦キャンセルにして新しく航空券を買う必要がありあます。(料金は返ってきません)

このように日程が確定している格安航空券のことをフィックスチケットと言い、また反対に所定の手数料を払えば日程を変えられるチケットをオープンチケット、またはフィックス/オープンチケットと言います。

日取りを変えるチケットは先の予定がまだわからない場合とても便利ですが、フィックスチケットに比べて金額は上がります。

2.マイルがなかなか貯まらない
最近は航空会社以外でもpointでを貯めることができるなど身近にマイルを貯めることが出来ます。

しかし格安航空券はマイル数が極めて低く、いつも海外に行っている人でも毎回格安航空券を使っている人はなかなか貯まらないかもしれません。

相場では走行距離の50%でずが、航空券によっては0%とという場合もあります。

その分航空券の価格が安いので特典を必要としない人にとっては問題ないかもしれません。

3.出発、到着時間を確認する
どうして格安航空券が正規料金よりも安くなるのか考えると通常より劣る“何か”があると思った方がいいです。

多くは発着時間や出発時間に影響してくる場合が多いです。

日本出発は時間着くのが深夜だったり、出るのが早朝だったりするとその分ホテル滞在時間が短いのにホテル代を払うことになったり空港からホテルまでの移動手段がタクシーしかなく深夜料金や早朝料金もプラスになりすごく高くなってしまう場合もあります。

海外格安航空券を買う場合には、日本出発時間よりも現地到着時間と現地出発時間をきちんと確認は必要かと。

格安航空券は安く手に入り気軽に行ける機会が増える一方で、海外という知らない土地で自分が危険に合わないためにも十分に注意をしなければいけません。

“何も知らない”では済まされないような事件や事故、ハプニングに巻き込まれないためにも出発前にきちんと確認しておきたいですね。